ヒロトリニティその3

DQ10 クソ記事
DQ10

前回のあらすじ

マッチングしただけで泣きそうになった。

プロの定義

DQ10

ようやくマッチングできたことに安堵し胸をなでおろすヒロトリニティ一向。

しかし一つの欲が満たされれば、より深い欲を満たしたいと考えるのが人の業というもの。

つまりどうせなら1位取りたい。5人中2人初心者だけど。

DQ10
ん?
DQ10

戦士しかやってないだけだけどね(笑)。

プロっていうのはフレンドリストをみると十中八九閃光の神殿にいるぽりーちゃんみたいな人のことです。

そういう人たちと比べたら俺なんてまだまだです。

DQ10
光っている岩です

転職場所探してる人と比べたらプロと呼べなくもないけど。

仕事覚え初めの現場魚

DQ10
殺してえ~人を殺してえよ~~!

そんな初心者だけど殺戮本能だけは人一倍のヒロトさんとのバトルトリニティ

いよいよ開幕!

DQ10

スタートから1分ほど経過。

まだ序盤とは言えそろそろポイントの巻き返しがきかないレベルで差がつき始める。

どうでもいいけどヒロトさんが石の棒みたいの担いでると土木作業員感エグイな(笑)。

霊獣の古戦場の見た目も相まってどう見てもそういう現場にしか見えない。

DQ10
自分の陣地

・・・・・

DQ10
なぎはらい

なぜだーーー!!(笑)

ボタン配置を覚えてる途中なのかもしれません。

DQ10

その後たいした見せ場もなく一戦目はまもなく終了。

だいぶ差がついたな(笑)。序盤のロスが結局最後まで響いた。

DQ10

けど最初はこんなもんだよね。

本番は操作に慣れた二戦目からって相場が決まってるんです。

DQ10
ぽこたん「もしかして1位・・!?」

いやドキドキするかー!(笑)

どう見ても負けでしょ!

DQ10
せめて400Pはいけよ(笑)

断トツで最下位(笑)。

むしろ清々しいくらいの良い負けっぷり。

DQ10
じょんさんもプロやん

しかしその中でも俺とじょんさんだけ個人成績にランクインする大健闘。

チームワーク次第では1位もけっして夢ではない!

DQ10
ん?
DQ10
俺は誰だ?

自分がどのチームか分かってなかった

さっき「ヒロトさんのチームでマッチングしたー!」ってみんなで喜んでたやん(笑)。

・・・あ!

DQ10
あの時のなぎはらい!

さっきのもしかして敵陣地だと思ってたのかもしれない(笑)

DQ10
ガタラだよ!

そして速攻でツッコむ二人。

アンジャッシュの「児島だよ!」より迅速な対応ありがとうございます。

軍議決裂

DQ10
DQ10

語彙力も低下するくらい酒も回ってきたようです。ブログではあんなに流暢なのにね!

これは短期決戦じゃないと勝ち目なさそう。

というわけで2戦目に行く前に作戦会議。

DQ10

ここでヒロトさんが俺との共闘を提案。

DQ10
DQ10
DQ10
真面目に聞くヒロトさん

けど戦士武闘家では役割が違うので逆効果になりそう。

武闘家はガンガン攻めて戦士は主防衛ってのが俺の考えなので。

DQ10
ガンガンいこうぜ
DQ10
DQ10
あくまで俺の考え

むしろ同じ武闘家同士のたっちーさんと組んだほうが生き残る可能性上がるからいいんじゃないかな。

DQ10
DQ10
はあああああ!?

もう二度とアドバイスしません。

続く

↓応援クリックお願いします!


ドラゴンクエストXランキング

コメント

  1. ともか より:

    毎度オチのつくりかたがうまい!
    声出して笑ってしまったw

タイトルとURLをコピーしました