ああ、わが青春のドラゴンクエスト

ドラクエ

昨日はドラクエ33周年の日だったんですね。

AMPについての記事後回しにして

それについて書けばよかった!

とまあ1日ずれましたけど

こんな時ですから僕のドラクエの思い出でも書いてみましょうか。

弟の宿命

大人になるとそうでもないんだけど

子供時代の兄弟って絶対的な権力差があります。

僕には兄貴がいて

僕はその兄の弟なわけです。

当たり前だけど。

兄貴が家を出て行くまで、僕にとってこの世に存在する全てのゲームはクソゲーでした。

もちろんドラゴンクエストも例外ではなく。

どうしてかって?

なぜならストーリーを進められないからです。

ゲームのプログラムがバグってるわけじゃないです。

僕と同じ立場(兄弟の下)だった人にはピンと来てるかもしれません。

そうです

レベル上げです。

兄貴が学校から帰って来るまで

加えて塾や習い事に行っている間

兄は弟に自分のプレイしているゲームのレベル上げを弟に課すんです。

冒頭で話した通り、子供の頃の兄弟の権力差は絶大なものがあります。

逆らうことなどできずに弟は兄に命令された課題を粛々と進めるしかありません。

そして兄が帰ってくるとストーリーが進むんですけど

それを見せてもらえるかどうかは兄の機嫌次第です。

1つでも何か機嫌を損ねることがあれば僕は僕と兄の共同部屋から追い出されます。

子供時代の僕には

勇者のレベルを上げることはできても

世界を救うことはできなかったんです。

ただひたすら拠点にしている城や村の周辺をぐるぐる回って

ひたすら雑魚モンスターを倒し続ける。

こんなゲーム何が楽しいんや!?

子供の頃の自分にとって

ドラクエはクソゲーでした。

解き放たれた高校時代

転機は僕が高校生になった時

3つ上の兄が大学へ行くために家を出ることになりました。

嬉しすぎた

言うまでもなく合格したことにじゃなく兄がこの家からいなくなることが嬉しすぎました。

まあ

中学生の頃にはすでに兄貴の身長追い越して喧嘩しても完全に僕の圧勝だったんですが

僕はその頃学校の部活動に夢中だったんでやっぱりゲームはほとんどしなかったです。

そして高校時代

ついに!

ついに僕のターンが来た!

その時の僕はまさに枷を外された野獣状態

今まで自由にできなかった分を取り戻す勢いでゲームやりまくりました!

もちろんドラゴンクエストも!

初めてクリアしたドラクエ

僕が始めてクリアしたドラクエはプレイステーションでリメイクされた第4作目「導かれし者たち」です!

自分で言うのもなんだけど意外じゃない?

普通ぼくの年代だと3か5が初めてのドラクエって人が多い気がするんだけどどうだろう?

始めて触れたドラクエは3か5なんですけど

これは兄のやってるのを見たりレベルげをしただけで自分でクリアしたことはなかったんですよね。

僕の中でドラクエ4って

超人気作の間に挟まれてる謎の存在だったんです。

周りにも遊んでる人見かけたことなかったし

あんまり面白くないのかなあと勝手に思い込んでたんでました。

そしたらある日、中古ゲームを物色してたらプレステリメイク版の4に出会いました。

中古で安いし、これならつまんなくても許せるか、と

期待値が低い状態でプレイできたことも幸いしたと思います。

面白い・・・!

面白すぎる・・・!!!

なんじゃあこのゲーム!?めちゃくちゃ面白いじゃねえか!!!

この時から改めて僕の中でドラクエ熱が火を噴きました。

その後発売したPS2リメイク版ドラクエ5

ドラクエの最高傑作は?って聞かれたら5か8でいつも悩みますけど

やっぱり思い出補正で5かな

それくらい5は特別な思い入れがありますねー。

ちなみに僕は未だにどうしてもフローラ選べません。

セーブデータは結婚前のとってあるんですけどどうしてもビアンカでしか進めらんないです。

DS版はやったことにけどデボラが増えましたよね、花嫁候補に。

でもやっぱり選べないだろうなあ。

てか普通に考えてビアンカだろ!?

そして当時の最新作ドラクエ8

少年ジャンプで主人公のビジュアル見た瞬間からもうこのゲームが待ち遠しくて仕方なかった!

もうこれ以上の進化無理だろ?って思うくらい衝撃的に面白かったです。

主人公単体で言えば8が1番好きですね。

これをプレイして僕のドラクエ愛は決定的なものになりました。

その後、9であれ?と思うところもあったけど

ドラクエ10がオンラインゲームで出ることを知ってもプレイすることに迷いはありませんでした。

というか9の発展版をって考えるともうオンラインしか方向性なかった気がします。

最後に現時点での最新ナンバリングのドラクエ11

もうRPGに夢中になることはないだろうなという僕のこの想いを粉々に打ち砕いてくれた傑作でした。

変な言い方だけど

今の時代でもこんなワクワクするゲームまだ作れるんだ!

っていう謎の感動がありました。

特に今回はシナリオがマジでよかった。堀井雄二さんが本気で泣かせにきたよ。

てか振り返ってみると

僕自身がリメイク版じゃなくその時の最新ナンバリングタイトルをプレイしたのって8なんだな。

意外。

それまでの過去作は全てリメイク版でクリアしました。

ほんとドラクエって奇跡のようなゲームだよ

終わらないドラクエ

ドラクエ10の初代ディレクターの藤澤さんは

最初、ドラクエをオンラインゲームにするのは反対してたそうです。

ただ僕としてはオンラインゲームになってくれて本当に良かったと思ってます。

ドラクエって数を重ねていくうちにどんどん発売間隔が伸びてるじゃないですか。

今の時代

与えられてから消費するまでが恐ろしいこの時代に

1つのコンテンツを消費者がそんなに長く待ってくれるもんかなという怖さがあると思うんですよ。

待つにしても

そのコンテンツを衰退させずにブランドを保ち続けるためには

常にそのコンテンツとユーザーが繋がれる同時並行のコンテンツが絶対必要な時代なんだと思います。

だから今となっては結果論だけど

ドラクエがオンラインゲームになったのは大正解だったと思います。

これから将来

ドラクエ12が出るまで長い時間がかかると思います。

でもその間も

ドラゴンクエストの物語は途切れることはありません。

鳥山先生の絵と

すぎやま先生の音楽と

堀井さんの眼差しが残る

アストルティアというこの世界がある限り

僕たちの冒険が終わることはないのです。

ドラクエ


ドラゴンクエストXランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました